ご購入について

ご購入の流れ

【メールで】
中古トラックの詳細画面からメールでお問い合せができます。 メールに必要事項を入力して送信してください。
【お電話で】
ホームページの右上部に記載があるお電話にてお問い合わせください。お問い合わせ時は、ご希望のトラックをお知らせください。

ご希望の車輌が見つかりましたら、メールもしくは電話・FAXにてお問い合わせください。当社よりご連絡させていただきます。
ご不明な点があれば、お気軽にお尋ねください。

ご希望の車輌をお見積りいたします。
車輌代金以外にかかる費用についても同時にお見積りいたします。

お見積り内容をご確認いただいた後、ご契約の手続きをお願いします。【トラックご購入にあたってご準備頂く書類】
自動車検査書、車庫証明書、印鑑証明書、委任状、譲渡証明書

お支払方法は現金一括、ローンなどございますので、ご希望のお支払方法をご選択いただけます。

ご契約、お支払い、各種手続き完了後にお客様へ納車となります。
【陸送手配の場合】
外注の回送専門業者へ依頼。日本全国どこへでも手配可能です。【お客様ご自身でのお引取り】
当社までお越し頂き、引渡すことも可能です。

必要書類・法定費用について

■登録に関する必要書類
中古トラックを売買した後には必ず登録手続が必要となり、その際にいろいろな書類が必要となります。

1.自動車検査証(車検証)

登録されたクルマの所有者や大きさ、重量などを明確に示しています。クルマの身分証明書のようなもので、運行の際には携帯しなければなりません。 紛失時には陸運支局で再交付する事ができます。購入時には名義人が本人であることを確認してください。

2. 自賠責保険証明書(自動車賠償責任保険証明書)

自賠責保険の証書です。車検証と同様、運行時に携帯しなければならない書類です。 保険証書の名義は必ずしもクルマの所有者でなくても良いが、自賠責保険が切れているクルマは、名義変更ができません。車検切れの中古トラックを購入する際には、新規に入る事になります。証書を紛失した場合は、加入した保険会社などで再発行手続を行います。

3. 自動車納税証明書

自動車税を納めたことを証明する証書です。毎年5月に送られてくる納付書で納付した時に、受領印が押された証明書を受け取れます。 車検・売却時に必要になりますので保管しておきましょう。紛失した場合は各都道府県の税事務書で再発行できます。

4. 車庫証明書(自動車保管場所証明書)

クルマの登録時に必要な書類です。保管場所(車庫)を管轄する警察署に申請して取得します。各都道府県によって交付されるまでの期間や申請書類の書式が若干異なります。

5. 印鑑証明書(印鑑登録証明書)

印鑑の所有者が本人(自社)であることを証明する書類。個人の場合は市区町村で法人の場合は法務局で印鑑を登録後、取得できます。クルマの購入・売却時には、発行後3ヶ月以内のものが必要です。

6. 譲渡証明書

クルマを売却または譲渡するときに必要な書類です。クルマの型式、車体番号と譲渡元(売り手)譲渡先(買い手)の住所氏名が明記してあり、それぞれの実印が捺印されたもの。用紙は下取り先や買い取り先の店が用意してくれます。

7. 委任状

登録に関する手続を販売店などに代行してもらう際に必要です。委任状には印鑑登録されている実印が必要です。用紙は下取り先や買い取り先の店が用意してくれます。自分で登録に関する手続全てを行う場合は必要ありません。

8. 住民票/会社登記簿謄本

車検証に記載されている所有者の住所と、現在の住所が異なる場合に必要な書類です。
個人の場合は住民票が必要で、市区町村役所、役場で取得できます。法人の場合は会社登記簿謄本が必要で、法務局で取得できます。

費用一覧

  • 1. 車検整備費
  • 2. 重量税
  • 3. 自賠責保険料

その他ケースによって必要な費用

  • 1. 自動車税 車の排気量に従い、年間の自動車税の残月数分。
  • 2. 登録手数料 車種による(問い合わせ下さい)
  • 3. 車庫証明手数料 地域による(問い合わせ下さい)
  • 4. 仮ナンバーが必要な場合の手数料及び代行手数料 10,800円+自賠責保険料